マイナスイオンネタ
雑記/雑録の方で
重曹を溶かしてマイナスイオンで洗剤~??
という記事を書きました。

これネタに、短編できそうな感じです。

「おい、マイナスイオンって、何だ?」
 シドがリビングに入って来るなり訊いた。
 フレディは何事かと、横になっていたソファから上体を起こした。
「さあ……でも身体に良いらしいよ」
「どの程度良いんだ? 統計的に有意か? データとかあるのか?」
「いや、ないけど……でもそう言われたりしてる」
「つまり、”焼き梅干しを額に載せて、東を向いて寝ると風邪が治る”ってのと同程度の信憑性な訳か……」
 シドは眼鏡の真ん中を左手の中指でそっと押し上げた。
「あー、そんな感じ、そんな感じ。でも、なんで突然にマイナスイオン?」
 シドはフレディの向かい側に腰掛けた。
「それがな、さっき営業電話がかかって来てな……重炭酸ナトリウム水溶液にマイナスイオンが入っていて、汚れが落ちるんだとさ」
「それ、単なる陰イオンの事じゃ……。そりゃ、液性がアルカリなら汚れだって落ちるだろうよ」
「だよな。そもそも、マイナスイオンなんて用語はないし。でも営業マン、やけに自信たっぷりだったんだぜ」
「ふーん……いい度胸してるな、その営業マン。サイエンスシティで科学者相手にマイナスイオンか。それで、洗剤買ったの?」
「いや、掃除しないから洗剤には興味ないって断った」
「断って正解だな、そんな怪しげなもの。……でもシド、掃除はやろうよね」

……って感じでしょうか。
小説だと冗長な感じですね。
4コマにしたら、もっとスッキリまとまるかも知れません。
[PR]
by spicymilktea | 2005-12-29 00:30 | ◆創作全般
<< 短編小説『マイナスイオン』UP SA短編『携帯電話』UP >>
β-えんどるふぃん  β-えんどるふぃん  β-えんどるふぃん 警告:
◆トラックバックスパム、親記事とは無関係なトラックバックは削除します。
◆誹謗中傷、荒らし、スパム、親記事とは無関係なコメントは削除します。